あなた色の家

空飛ぶ魔法の家は無理でも、願いを叶える家はできる。
想いを込めた分だけ、こだわりが強い分だけ、
住まいに対しての愛着は増していく。
誰かの「いい」は、必ずしも
あなたにとっての「よさ」ではありません。
〈アージュ〉と描きませんか、「あなた色の家」を。

えがお色

カーテンの隙間からするりと差し込んだ朝の光。
大きな窓はわたしの目覚まし時計のよう。
スピーカーからは爽快な音楽が流れ、
光を奥まで導いてくれる明るい壁に
自分のシルエットが映る。
家族みんな、笑顔いっぱいの一日が始まる。

ここち色

厳選した食材を広々とした
カウンターに並べて、さあキッチンワークがスタート。
手がちょうど届くところにお皿を並べ、
目線の先には調味料。
実力以上のおいしさは、
わたし好みにカスタマイズしたキッチンのおかげかも。
自分がいちばん輝ける場所は、とことんこだわりたい。

あたたか色

心も身体もリラックスしたい時、
ゆっくりまわりを見渡してみる。
好きなもの、色、安らげる質感に包まれた
お気に入りの場所は、今日も自分専用。
家族それぞれにそんな心地よさを感じる空間がある。
手触りも、風合いも、
そこそこでは納得できない自分がいる。

Create a good life あなた色の人生を創る

プレサンス アージュ